資格または勉強必須。採用後でいいといわれても、すぐ資格取得

経験で経理の転職をするためには、簿記の資格が必須です。たとえ、募集要項に記載がなくとも、業務で必ず必要になってきますので取得しておきましょう。逆に業務でも必要ない、勉強しなくていいという会社は、経理知識はあまり身につかないと思ってください。
身につかないということは、その会社でしか経理の仕事はないかもしれません。
簿記3級は初級編です。独学でも十分資格取得できます。独学では無理という人は、通信講座などもありますので、時間を工夫して取得しましょう。時間に余裕がある人や、より転職の可能性を高めたい人は2級まであると有利です。

実務はなによりもものをいう。非正規からでも経験を積むこと

簿記の資格もいらない、未経験可の求人はなかなかありません。あった場合、給与や待遇面で少し考えなければならない条件(給与安い、非正規雇用など)の求人かもしれません。もちろん正社員で高給でとてもいい求人かもしれませんが、仕事の内容はハードだと理解しましょう。つまり、転職後に未経験では仕事についていけないケースがあります。
経理の仕事は会社の売り上げや資産、人件費や業務に必要な経費、税金など、仕事の幅は会社によって違います。経理の仕事は会社ごとに違い、そこでどれだけ経験を積めるかが、今後経理の仕事を続けていくうえであなたのキャリアを左右します。お金に関することなので、従業員に詳細を明かしたくないという事業主もたくさんいます。しかし、少しずつでも会計処理の仕事を任されるようになれば、非正規雇用でも転職して正社員も可能です。事実、派遣社員から正社員の採用もあります。たとえ非正規雇用だとしても、簿記の知識と実際の業務がどのように結びつくのかを理解できれば、今後のキャリアも明るいでしょう。
そして、前述した簿記の知識同様、会計ソフトが扱えれば更に有利です。会計ソフトは無料のものがネット上であります。簿記の問題を仕訳した後、会計ソフトへ入力をしておけば、会計ソフトの仕組みも分かります。会計ソフトはソフトごとに多少入力方法はちがうのですが、最終的に試算表(月ごと・年ごとなど、会社の財務状況を示す表)を作成できれば大丈夫かと思います。
ここまでは個人の努力次第で、転職できる可能性がぐっと高まります。
そして経理の仕事は求人が少なく、タイミングが大切です。自分で求人探しをすることに加え、職安や派遣会社の情報も利用しましょう。

未経験からの伸びしろ

会社が未経験OKと求人を出しています。それは「経験者は当然ながら、未経験でも頑張ってくれそうな人がいたら、採用したい」ということです。未経験者はまっさらな分、経験者よりも伸びしろはあるわけです。3年経験した人と未経験なら、即戦力はやはり経験者ですね。でも、その経験者がずっとその会社で働き続けるかどうか、誰にもわかりません。もしかしたら、仕事処理量は並みかもしれません。熱心に仕事をするタイプではないかもしれません。そこは採用後の働いてもらわないと分からないのは、未経験者と同じです。
そこで会社側は会社に貢献してくれそうな人物を探します。「今は未経験でも、努力次第で伸び白がありそうだ」とか「この人なら成長が期待できる分、早く仕事を覚えてくれそうだ」とかそういう印象が大切です。
「こちらで育てれば、いい結果が期待できそうだ」と高い期待値を持ってもらうとこが、採用されるには必要です。採用には多くの人が関わっています。採用決定は社長・重役・人事のお偉いさん方です。面接時にその人たちに「あなたの将来へ投資する」と思ってもらえれば、未経験でも正社員で転職できる可能性は充分です。

今までの職歴は他分野・他業種でもチェックされます

自分の今までの職歴はどのようなものか把握していますか。職歴は、正社員である程度の年数働いてきた人は、あまり心配いりません。
逆に非正規雇用(パート・アルバイト)や退職・転職を繰り返している人は要注意です。辞めた理由を質問されたら、明確に答えられるように答えを用意しておきましょう。非正規雇用の人はなぜその雇用形態なのか、面接で質問されたら答えられるようにしてください。「正社員枠での募集を待っていた」「○○(家庭の事情・体の体調の事情・経済面)の理由で今まではアルバイト(パ―ト)だったが、正社員で働きたい」など、用意しておけばいいと思います。
採用側に「すぐ辞めないか」と不安を与えそうな部分は、うまく自分でフォローしましょう。そして、仕事をすることへの熱意を伝えましょう。
「未経験でも会社で採用したい」と思わせる人物は、素直さとやる気がある人です。
持っている資格が素晴らしくても、社風と人物が合わないと判断された場合「不採用」になる場合はあります。未経験可の求人には、転職のチャンスが転がっています。しかしチャンスを掴み、無事入社できても、未知の分野での知識や経験を学ぶ苦労はあります。その苦労を乗り越えるために、素直さとやる気は必要ですよ。

志望動機は本音を混ぜる

前職と経理が全く違う仕事の場合、志望動機を考えるのは結構難しい事だと思います。でも本当の理由が何かあるはずですね。例えば、事務職を続けていた人の場合は「今まで事務の仕事をしていました。今までの仕事に勿論やりがいはありましたが、今後はより専門性の高い経理の仕事で、頑張りたいと考えています。」とすんなりいきますが、営業や販売、その他技術職の人は難しいですね。
まず本当の理由は何なのか、考えてみてください。待遇面がよさそう、長く働けそう、転職に有利、キャリアがつめそう、内勤だからなど何かあるはずです。そこを正直に、相手に伝わりやすい表現で、前向きに頑張りたい意思を伝えましょう。
具体的には「今までとは違う仕事で、長く働ける職場で頑張りたいと思いました」「専門的な経理の実務経験をつみたいと考え、志望しました」という言い回しになるかと思います。

経理で何がしたいのか、今までと違うことがしたい理由を明確に

将来経理の仕事をしてどうなりたいのか、ヴィジョンはありますか?会計学の専門家になりたいから、という人はめったにいません。経理の仕事は毎日コツコツと、社内のお金に関する処理をしていきます。地味ですし、数字を扱うのでストレスもあります。では、なぜその仕事をしたいのか、伝える必要があります。
例えば「給料がいいから。内勤だし楽そう」だと思っていても、経理を扱う部署はだいたい人の入れ替えが少ないので、人間関係で苦労するかもしれません。他部署からの問い合わせ、重役からの銀行資料作成の要請、税理士・会計士・労務士との連絡など、業務内容は社内外で多岐にわたります。月末や決算月は忙しく、残業の会社も多いです。
そこを理解した上で、会社のお金や人を「サポートする仕事」だと考えてください。そこを受け入れられる人は、経理の仕事を学んで「会社を内側から支える人間になりたい」「縁の下の力持ちのような存在になりたい」という志望動機も出てきますね。
そして一番説得力がある志望動機は、「簿記の資格を生かしたい」です。ただ簿記の資格を取らないといけませんので、未経験で経理をめざす方は早めの取得をお勧めします!

第2新卒 エンジニア 転職

正社員募集枠はどのくらい?

近畿での正社員募集枠はどれくらいなのか、競争率を知りましょう。近畿地方の平成27年の正社員の有効求人倍率は0.75倍、正社員の新規求人倍率は1.10倍となり、増加傾向にあります。正社員の求人数が増えている状況は、転職する側からすると嬉しいですね。
よい求人というのは、たまにしか出ません。自分で見つけることに加え、職安や人材派遣会社を利用して情報を集めましょう。
「このエリアでこの職種で正社員の職を探しています」と職安や派遣会社の担当に伝えておけば、今は募集がなくても、いざ求人が出た場合に連絡がくることがあります。
そして狙っている職種に必要な知識や技術、資格があれば加えて聞いておきます。

近畿地方の求人の多い業界

平成27年の求人が多い業界は、医療・福祉が多く、卸売業、小売業、宿泊業、飲食サービスと続いています。
前年と比べ、医療、福祉は縮小傾向にあり、卸売業、小売業、宿泊業、飲食サービスは拡大傾向にあります。その他、製造業、サービス業、建設業も求人は少なくなってきています。
当然のことながら業界や職種によって、正社員ばかりの職種と、非正規社員と半々くらいの職種、ほぼ非正規社員という風に違います。
ここで絶対正社員を目指すなら、その募集が多い業種や職種を選びます。
求人数の多い業種を狙い、正社員で転職のチャンスを掴みましょう。また、自分のしたい業種や職種と異なる場合は、それなりのアクションが必要です。資格の取得や、業種や職種について研究することです。これらはしておいて損はありません。時間の許す限り、努力しましょう。

地方採用で望まれること

首都圏ではないでしょうが、地方に行けばいくほど、地元の地理に詳しい人は重宝されます。別の地方から近畿地方での転職を狙っているなら、都市部の路線はもちろん、地元の地理をざっくりと理解しておきましょう。必須ではありませんが、仕事をする上で知っているのと知らないのでは随分違います。特に営業職・営業事務職は「地元に詳しい人がいい」と言われるケースもありますので、理解しておくことをお勧めします。

人柄と対人スキル

30代で未経験の職種・業種へ転職をお考えの方は、経験がある転職者よりも当然不利です。この不利な状況で、他の転職者よりもアピールできることを探さなければいけません。そこを何で補うかというと、あなたのひととなりです。当然、仕事に対しては全くの初心者ですから、すぐに業務で結果を出すことは難しいですね。そこで採用する会社側に「この人はどんなことをしてくれるのだろう」「うちの会社で将来活躍してくれそうだ」と印象を持ってもらうことが1つポイントです。
そして社内業務は仕事スキルだけでは上手く回りません。仕事のスキルに社内人物の対人スキルや円滑なコミュニケーション能力をもって、円滑にすすみます。いくら仕事の処理能力が早くても、きちんと業務指示内容を理解できないと、それはミスになります。ミスが多いと業務に支障がでて、会社の損失につながります。そこを円滑にミスなく進めることができるように、30代社会人は求められます。
面接はそのような「対・人」の能力を発揮できる場です。最終面接に近づくと、会社のトップの方と話す機会もありますので、緊張してしまいがちですが、「自分という人間を買ってもらう」つもりで頑張ってください。緊張するより「相手が何を話し、聞きたがっているか」に集中し、耳を傾けましょう。20代の準新卒や大学生との違いを、今までの社会人経験をここで発揮しましょう。

30代ならではの武器は

また未経験のかたに面接前にぜひ努力してほしいことがあります。それは専門性が高い仕事への転職ならば、資格を取っておくことです。「採用されるか分からないから、勉強とか時間とか無駄になりそう」と思っている方は、30代の転職は厳しいでしょう。「採用されるか分からない。でも絶対働きたいと思ったから、資格取得しました」となると、説得力がぐっと増しますよね。直近でとれない資格はテキストを購入し、読むだけでも違います。
人は表面だけではなく、行動に移し、結果を得ることで人は信頼感が増します。仕事の上でも、新入社員のように「指示待ち」の受け身ではなく、自分で考えて行動できる「積極性」は30代だからこその武器です。
30代には今までの社会人経験で培った、仕事へのアプローチの仕方があります。仕事の成果をあげた成功体験もあります。ぜひ、そこを自分でまとめて職務経歴書に書いておいてください。転職後も、自分の仕事の取組み方の特徴を理解しておけば、得意分野はすぐ伸びます。苦手分野は克服につながります。意識してみてください。自分を理解することは、転職活動で優れた武器になります。